INDEX » 面白い » 地形・地名・場所 » 噴火口にUFOの基地? ローデン・クレーター [スポット]

東北関東大震災・放射性物質モニタリングポスト&全国の放射能濃度一覧[マップ]


山梨県の廃墟 謎の巨大地下金庫「三洋証券洗心寮跡」[スポット]


築80年で現役!?巨大な木製鉄道橋 Goat Canyon Trestle [スポット]


沖縄の廃テーマパーク「メキシコサボテン公園」 [スポット]


グーグルマップでサンタを追跡 NORAD Santa Tracker [マップ]


栃木県 ハートマークの遊水地の黒い秘密 [スポット]


全国スキー場 [マップ]


イヌイットのツンドラ・雪原に輝く三日月湖 [スポット]


福岡の超有名心霊スポット 犬鳴峠 [スポット]


雪国に残る最後の多層民家 山形県「田麦俣」集落 [スポット]


ルーマニアの農場に着陸しているUFOの正体 [スポット]


まだ食べてない天下一品ラーメン [マップ]



噴火口にUFOの基地? ローデン・クレーター [スポット]



大きな地図で見る

 

アメリカ合衆国アリゾナ州フラッグスタッフ郊外、サンフランシスコ火山地帯の東端に位置する38万年前の死火山の噴火口に建設されたの"ランドアート"。

 

現代美術家の"ジェームズ・タレル"がこの火山の土地所有権を手に入れた、1979年から現在まで(当初は2001年完成予定だった)コツコツと建築作業続けている。(WIKI:ジェームズタレル)

 

すり鉢状の火口底部から太陽と月の動きに伴う光の変化を観察したり、宇宙のパノラマを眺めることができる「裸眼天文台」として地形全体がデザインされている。

ジェームズ・タレルが企画している、天文学的インスタレーションイベントのすべて体験するには、なんと2万5000年以上かかる計算になる。つまり、製作者当人が死去した後も、このアートがある限り後世に訪れた人々が天文イベントを楽しむ事が出来るとの事。

 

火口中央の構造物は、地球外の宇宙基地かUFOの秘密基地のような造形で、1970年代のフラワーパワーに満ち満ちたサイケデリックなテイスト。 画像検索 で多くの写真を見る事が出来る。

この作品の造形やアーティスト"ジェームズ・タレル"の言葉に、UFOやチャネリング、宇宙神話系のオカルト的な要素を勝手に見出し、カルト的な信仰しているファンサイトが複数存在する。

INDEX » 面白い » 地形・地名・場所 » 噴火口にUFOの基地? ローデン・クレーター [スポット]