INDEX » コラム・日記 » ビットコインの欠点!?

ビットコインの欠点!?

ビットコインが登場してから数年が経ちます。

今では国境を越えた世界の通貨として売買され、世界中でビットコイン投資が注目されています。

そんな革新的なビットコインにも実は欠点があるのをごぞんじですか?

例えば、「51%問題」と呼ばれるもの。

ビットコインでは、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)と呼ばれる仕組みで、取引が正しいものであるか分散されたコンピュータで検証を行っていくプロセスが存在します。

そして、検証された取引情報は台帳と呼ばれるデータの箱に記録され、それをブロックとして数珠つなぎに連続して保管していきます。

万が一、誰かが過去の取引情報を偽の情報に書き換えても、連続したブロックの情報を辿ることで後から書き換えた情報は正当でないと証明することができるのです。

しかし、その連続したブロックを現在に至るまですべて書き換えた場合はどうでしょう。

ビットコインでは、ブロックがより長いものを唯一の正当な取引記録として認めるため、世界中に分散されたコンピュータの51%を何らかの方法で書き換えることができた場合、それまでの取引は攻撃者の自由になってしまうのです。

現実的に分散コンピューターをすべて書き換えるのは不可能に近いと言われていますが、理論的な意味ではビットコインの仕組みは完全ではないということなのです。

そんなビットコインの欠点を補うために今では数々の仮想通貨が生まれています。

これらの仮想通貨はビットコイン以外の仮想通貨でビットコインに取って代わるものという意味で、「アルトコイン」と呼ばれています。





INDEX » コラム・日記 » ビットコインの欠点!?