INDEX » コラム・日記 » ディサービスの体験利用

ディサービスの体験利用

私が、ディサービスを訪れたのは、ホームヘルパー講座の実習の時でした。

 

いつも、御近所でバスに乗って出かける方は見かけましたが、自分が施設に入るのは初めてでした。

 

利用者のみなさんは、比較的元気な方が多かったです。

 

朝の会みたいのがあって、そこで実習生の私は、自己紹介をしました。

 

生まれて初めて人前で話をして、とても緊張しました。

 

みなさん、実習生になれていらしゃるのか、熱心に話を聴いてくださり、拍手までしてくださいました。

 

午前中は、利用者の方は順番にお風呂に入ってました。順番を待っている方はお話をしたり、テレビを見たり自由に過ごしてみえました。

 

実習生の私に興味を持ってくださり、色々お話をしてくださいました。

 

お昼は、バタバタして大変でした。上手に食べることが出来ない方のお手伝いをしました。

 

お昼が済むと、工作の時間になりました。季節の物を作ったりしました。

 

おやつが済むと、帰りの会があって、実習生の私はお別れの挨拶をしました。

 

この日一日、実習というより利用者の方と楽しく、おしゃべりをしたりして、別れるのがつらかったです。

 

別れ際に、手を握って涙を流してくださる方もみえました。

 

それまで、ディサービスというと、歳をとった方が連れて行かれる所というイメージがありましたが、みなさん生き生きと楽しそうに過ごされていました。

 

それぞれ歳をとられて、行く必要があってディサービスを利用されるのでしょうが、前向きな利用者の方を見て、自分の親や自分にその必要が出来たら利用しようと思いました。

 

その後わけあって、別の職業に就いた私ですが、つい先日、群馬の親戚が日曜対応のできる施設を探していると相談を受けて、群馬県太田市で日曜日営業のデイサービスを調べました。

 

「利楽うえきの」という所が、健康診断やレクリエーションの充実、その他、私の経験から心使いが行き届いているなと思えるセンターだなと感じましたので、親戚に進めて、まずは体験利用をしてみることになりました。





INDEX » コラム・日記 » ディサービスの体験利用